特定派遣からの切り替え、準備、進んでいますか?


平成27年の派遣法の改正により、

平成27年9月30日から、届出制の特定労働者派遣事業は廃止となり、

それ以降も引き続き派遣事業を営む企業様は「労働者派遣事業」の許可を受けなければなりません。

現在、特定労働者派遣事業を営んでいらっしゃる企業様は、「平成30年9月29日まで」は継続できますが、それ以降は(労働者派遣事業の許可申請を行わない限り)派遣事業を営む事が出来なくなってしまいますが、当事務所ではその許可申請のお手伝いを行っております。


常用雇用労働者のみを行う派遣事業を、それ以降も営むご予定でしたら切り替え手続きとして「労働者派遣事業の許可申請」を平成30年9月29日までに済ませる必要があります。

 

資産要件等、年々厳しくなっており、今後は派遣会社の生き残りをかけた時代に入ったと思われます。

そのためにはコンプライアンス順守をした派遣会社の経営が求められております。

派遣会社勤務経験のある、派遣法を理解している、社労士は川越市近辺では限られています。

お早めに、お気軽にお問合せください。

なお7月までは多くのお客様の許可申請のお手伝いをしております。

現在対応しているのは、8月、9月の申請のみとなります。

 

なお、派遣許可申請は社労士が申請することができ、行政書士は申請ができません。

労働法のわかる社労士にお問合せください。

 

また、当事務所でできる支援は時間が限られていますので、早急にお問合せください。

運送業の正しい労務管理をご提案いたします。

 

近年運送業の労使トラブル、賃金未払いでの労使紛争など、

未払い残業代請求が企業経営における最大のリスクの一つになりつつあります。

特に、トラック運送業・物流業においては、トラック運転手(ドライバー)の労働時間が長時間にわたり、事前に対策を行っていない場合、未払い残業代は賃金請求権の時効である2年間分で、運転手一人あたり百万円を超えるケースも珍しくありません。


未払い残業代請求には、複数の請求パターンがあります。労働基準監督署に相談に行き、労基署から呼び出しが来るケース、ユニオン(合同労組)に加入して団体交渉の申し入れが来るケース、弁護士に相談して、弁護士が代理人として内容証明郵便で請求してくるケースなど様々です。


近年では、1年働き、未払い賃金の労使紛争を起こして、転職し、また次の会社で、未払い賃金があると、再び労使紛争を起こすという、労使紛争のプロではないかと思われる従業員もいます。

 

当事務所では、正しい給与の支払い方を事業主にご提案をし、同時並行で労働時間管理についても合理的なものに変え、適切な労務管理の指導を行っております。

弊所では、トラック運輸業・物流業の給与体系の設計や労務管理体系の構築、就業規則の作成を行っていきます。運送業に精通した当事務所スタッフと2名で支援をしてまいります。

なお、許可関係等は、当事務所の提携行政書士に任せております。


どうぞ、お気軽にご相談ください。

 

ごあいさつ

 

はじめまして。

この度は、当事務所のホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。

埼玉県川越市で事業を営んでいる女性の社会保険労務士です。

大手証券会社に勤務後、派遣会社にて、営業兼コーディネータ職、また、中小企業から大手企業までの人事、総務を経験後、老舗社会保険労務士事務所で勤務後、2006年9月より開業いたしました。

従業員1名の会社から、大手上場企業まで、幅広く多くの業種の労務

管理に携わってきました。

 

金融関係に明るく、また派遣法に詳しく、さらに派遣会社での営業経験から、20代の時から数多くの業種を見てきましたので、

ほとんどの業種をオールマイティに対応する力があります。

 

中小企業で求める労務管理、

大手で求められる労務管理、

業種でさらに求められている労務管理に関して、

一通り対応できる力はあるものと考えております。

 

 

開業当初から、

皆様にとって「わかりやすく」を第一に「末永いお付き合い」をモットー

業務を行っておりました。

そんな思いで毎日を過ごしていたら、開業10年を迎えました。

今後もフットワークの軽い、気楽に聞ける社労士事務所でありたいと思っています。

 

川越市の女性の社会保険労務士は是非、ご指名いただければ幸いで

す。どうぞよろしくお願い致します。

 

 

代表の細村が、先日、取材を受けました。

よろしければ、ご参考になさっていただけると幸いです。

 社会保険労務士 実務家インタビュー 

http://sharoushi-tsusin.com/interview/

 

埼玉県社会保険労務士会 川越支部 開業5年未満向け開業体験談について、

社労士業に対する想いをお話していますが、そのことについてブログで紹介されています。

 

 開業体験談  私が考える社労士としての成功

http://ameblo.jp/okano-sharoushi-tokigawa/entry-11495285486.html

スタッフを募集しています・・・・・H30.5.15現在→現在採用見合わせております。

 

 

現在2名の正職員、パートスタッフがおりますが、処理が追いついていません。

 

 

平成30年4月23日現在、パート短時間スタッフを募集しております。

 

小さな事務所ですので、万全の福利厚生では言えませんが、厳しく指導します。

 

求める人物像として、

社労士として、独立を考えている方、働く目的がしっかりある方を求めています。

社労士資格保有者は、実務経験未経験でも構いません。

資格ない方は、細かい数字のチェックができる方を希望します。

(ご自身で、大雑把だと思う方はご遠慮ください)

性別、年齢は一切問いません。

小さなお子さんがいても構いません。(私も小学生と、幼稚園児2児の母ですので、気持ちはよくわかります)

その代わり、緊急時、繁忙期にお子さんが熱を出した場合、どのように対応するか、考えられる方でないと務まりません。

仕事をする上で、先を見通す力がない方は採用を見送りたいと考えております。


希望者は、ハローワークの求人紹介を受けて頂き、履歴書・職務経歴書をご郵送頂き、5日以内にお返事をいたします。

 

 

勤務時間      9:00〜17:00の間の4時間〜5時間

休日         土日祝、年末年始、夏季休暇

時給         1000/時〜(試用期間3か月)その後、昇給予定

仕事内容      顧問先からの電話対応、給与計算、資格取得、喪失手続き

                        (基本的には電子申請で行います)

           慣れてきたら、代表の就業規則作成後のチェック、

                         助成金申請(準備をして、代表に渡すまで)その他社労士業務補助

 

 

皆様の応募を心よりお待ちしています。

スポット依頼お受けします

exclamation会社設立の社会保険適用手続き、従業員を雇用した時の労働保険の成立手続きなど

困った時だけ、ちょっとだけお手伝いしています

会社設立した場合、社会保険適用の手続き、従業員を一人でも雇用した場合、労働保険料の手続きが必要となります。 

これらの業務を事業主主ご自身で行うことはもちろん可能ですが、通常業務+@の仕事です。

ちょっとだけ困った時に、ちょっとだけお手伝いします。

代表の細村は、社労士事務所で、毎年数多くの業務を行っておりますので、安心してお任せ下さい。

 

exclamation労働保険・社会保険の新規適用 

(料金:両保険合計 20,000円〜ただし、地域、人数に制限を設けています)

exclamation監査対応 など

(料金は、地域、人数によって応相談致します。お問合せ下さい)

 

スポットでも対応可能です。

 

お気軽に、お問合せ下さい。

 

 

 

 

当事務所の特徴

当事務所は、下記3点を特徴を持っております。 xf0745006811l.jpg

女性だからこそ、気がつく、細かな配慮

「社会保険労務士」というと、単に書類作成・提出だけの仕事と思われがちですが、それだけではありません。

従業員の入退職に伴う手続きのアドバイス、案内も当然に行いますし、細かい点まで、お伝え、お話致します。場合によっては、事業主と労働者の間に入り、第三者の立場として双方に不利にならないように対応しております。

人に携わる仕事を10年以上経験し、何千人と接してきたこそ、本来の細かな配慮が行えます。

 

 労使紛争を防止とした労務管理を行っています

近年、労使紛争が増え、特に従業員から労働紛争が増え続けています。そのため、本来払わななくてもいいはずの費用が発生しているケースをよく見受けられます。

その中の一つで、経営者の方が、勝手な判断を行い、結果として、最悪な方向へ進むケースがあります。

当事務所としては、相談ごとに関して「良いこと」、「悪いこと」を明確に答え、それに関する「メリット」「デメリット」おお伝えし、経営者の方が労使紛争に巻き込まれない、「経営の舵取りのお手伝い」する労務管理を行っています。

 

法律通りではなく、今までの経験から一番のベストの方法をご提案いたします。

自己紹介でも書いていますが、私は、人に携わる仕事をして10年以上行ってきました。

そして、従業員1名から大手企業まで幅広く経験しております。

新卒、中途採用、研修、部下とのマネージメント、労使トラブル、解雇まであらゆる経験を体感してきました。

ですので、「紛争予防の労務管理」だけでなく、さらに、経営者、労働者の職業観・人生観を大切に双方にとって一番いい解決方法をご提案しています。

双方の話をよくよく話を聞くと、「そこまでは求めていなかった」「(話をよく聞くと)勘違いだった」とボタンの掛け違いということもあります。むしろ、法律通りではいけない場合もあるかもしれません。

コミュニケーションがどんどん減り、考えの多様化が進んでいるこの時代。

御社の顧問社労士はどのように対応していますか?

 

レスポンスの早い事務所です。

当事務所は、お客様からのレスポンスは早く、またスタッフにも徹底し、教育しております。

お待たせする場合は事前に申し出を行い、3名体制で、

フォローする仕組みができております。

 

業務委託解除率がほとんどない事務所です

ご依頼頂き、殆どの顧問先と信頼関係を第一にやらせていただいております。

また、最初はスポットでご依頼いただいていましたが、数年後には顧問契約にお客様から変えていただいているお客様が複数ございます。

ですので、最初はスポット的に必要に応じてご依頼、わかってきたら、顧問という形でもよいと思います。個人的には、他の社労士事務所も比較していただいた上で、当事務所をご利用して、当事務所のサービスの質の良さを感じとっていただければと思います。

お問合せ・ご相談はこちら

わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

 

  • 就業規則を作成したいけど、どうしたらいいのかわからない?
  • 給与計算を行ってほしいけど、何をやってくれるの?
  • 助成金申請をしたけど、ほかにどんな助成金あるの?
  • 従業員向けにこんなセミナーをやってほしい  など

どのような、お悩み相談でも結構です。

あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 049-270-2418
受付時間 : 9:00〜17:00(土日祝祭日は除く)
担当 : 細村(ほそむら)

お問合せフォームはこちらへ

 

社会保険労務士とは?

社会保険労務士は、弁護士や税理士などのいわゆる「士業」の中で、唯一「労務管理(人に関すること)」を業務内容として認められた国家資格者です。
当事務所は、近年問題となっているコンプライアンス(法令遵守)の問題をクリアしつつ、代行手続きすることによって、会社の業務を負担を減らしつつ、いかに企業が発展し、労働者と良好な関係を保つことが出来るかを考え、積極的に企業サポ−トしています
労働者の良好な関係を保つための「就業規則」「労働契約書」等の整備、「労働・社会保険」の円滑運用はもちろん、制度改定により、経営面でのコンサルも幅広く活動しております。また、「給与計算」、「各種手続き」を代行手続きし、従業員のライフプランニングのご提案も致します。
▲このページのトップに戻る